今月の一品

2017年7月

ピンクトパーズ&カラーゴルドスウィート

ピンクトパーズ&カラーゴルドスウィート


1830年頃 イギリス
穐葉アンティークジュウリー美術館藏
※2017年7月8日~9月3日まで
特別展示「愛のヴィクトリアン・ジュエリー 華麗なる英国のライフスタイル」にて展示

作品解説

稀少なピンクトパーズが、カラーゴールドの地金に埋め込まれて作られたジュエリーです。 ブレスレット、ブローチ、イヤリング、ネックレス、ローズィズから構成されるスウィートセットで、レポゼ細工(裏打ち技法)によるアカンサス(鋸状の多年草、ギリシア美術で多用された)文様や、粒金を取り付けるグラニュレーションなど、高い技術が用いられています。ネックレスに取り付けられたペンダントは着脱式で、ブローチに取り付けることもできます。

ポイント

現在では稀少な高品質のピンクトパーズとゴールドを惜しげもなく用いて、同じく現在では再現不可能な高度な技法で細緻な装飾を施した、最高峰のジュエリーです。素材の持つ美しさと、職人の技術の巧みさに注目してご覧ください。