普通展示

《浮世絵》
春景色

3月18日(土)~4月23日(日)

江戸の人々は四季を通じて社寺参詣や物見遊山に出かけ、それらは暮らしの楽しみとして定着していました。春は花の名所が人々で賑わい、浮世絵にも春景色、梅や桜を取り合せた美人画が描かれています。今回は、春をテーマに作品をご紹介します。

展示目録 ダウンロード(PDF:284KB)

歌川国芳「誂染好の色取 ふじ鼠団扇絵版錦絵 嘉永6年(1853)
歌川国芳
「誂染好の色取 ふじ鼠」
団扇絵版錦絵
嘉永6年(1853)

普通展示「春景色」
ギャラリー・トーク

日時 3月25日(土)
11:00から30分程度

担当学芸員による作品解説です。

※ご参加には観覧券が必要です。

《東洋陶磁》
朝鮮半島のやきもの―古陶磁と現代陶芸

1月31日(火)~年5月28日(日)

朝鮮半島は古来よりやきものが発達し、高麗 (918-1392)時代の青磁、朝鮮時代(1392-1910)の粉青沙器や青花など、独自の表現が育まれました。
さらに近年の大韓民国(1948~)では現代陶芸が流行し、現在にいたるまで発展しています。
今も成長し続ける朝鮮半島のやきもの。その魅力の一端を紹介します。

展示目録 ダウンロード(PDF:230KB)

Seok Changwon  Self-portrait 2013年 縦72.0cm 横34.0cm
Seok Changwon
Self-portrait
2013年
縦72.0cm 横34.0cm

普通展示「朝鮮半島のやきもの―古陶磁と現代陶芸」
ギャラリー・トーク

日時 4月22日(土)
11:00から30分程度

担当学芸員による作品解説です。

※ご参加には観覧券が必要です。

《陶芸1》
オブジェ― 陶造形の潜勢力Ⅲ

3月18日(土)~2018年3月11日(日)

三輪和彦氏(1951年萩市生まれ)の《黒の遺構》は、作り手が自身に潜在する素材のイメージを作品化した陶造形です。総重量20トンもの土を焼成した角柱状オブジェ群を雄大なインスタレーションとしてご覧いただきます。

展示目録 ダウンロード(PDF:284KB)

三輪和彦 黒の遺構[部分]  平成18年(2006) 撮影: 斎城 卓
三輪和彦
黒の遺構[部分]
平成18年(2006)
撮影: 斎城 卓

普通展示「オブジェ―陶造形の潜勢力Ⅲ」
ギャラリー・トーク

日時 4月8日(土)
11:00から30分程度

担当学芸員による作品解説です。

※ご参加には観覧券が必要です。

《陶芸2》
茶陶の近現代

1月17日(火)~7月2日(日)

個性が生み出す自由な表現力を茶陶(茶道具のやきもの)の造形にどのように発揮するか。茶の湯の芸術としての内容性を重視しながら、個性のリアル(現実)を茶道具の造形へ昇華させた近現代作家たちの茶陶を紹介します。

展示目録 ダウンロード(PDF:842KB)

三輪壽雪(十一代休雪) 《白萩茶碗 銘 雲間ノ月》 昭和42年(1967) 当館蔵(染野義信氏・啓子氏御遺族寄贈)
三輪壽雪(十一代休雪)
《白萩茶碗 銘 雲間ノ月》
昭和42年(1967)
当館蔵(染野義信氏・啓子氏御遺族寄贈)

普通展示「茶陶の近現代」
ギャラリー・トーク

日時 5月27日(土)
11:00から30分程度

担当学芸員による作品解説です。

※ご参加には観覧券が必要です。

《茶室》
清野耕一展
Cultivation/Between Heaven and Earth
(培養体/天と地の間)

4月7日(木)~2017年3月26日(日)

清野耕一氏は神奈川県川崎市在住の版画家です。版で緻密に表現された鮮やかな色とりどりの円盤や卵形で、生命の連鎖を動的に暗示するインスタレーションをご覧ください。

展示目録 ダウンロード(PDF:838KB)

清野耕一展
「Cultivation/Between Heaven and Earth(培養体/天と地の間)」
クロージングイベント

日時 3月26日(日)
トークショー 11:00~12:00
茶会 ①14:00~②14:45~③15:30~(各回30分)


2016年度茶室展示作家 清野耕一氏(版画家)をお迎えして、1年間に渡る展示を締めくくるイベントを開催します。お気軽にご参加下さい。

■トークショー 
作家と担当学芸員によるギャラリー・トーク
日 時 3月26日(日)
    11:00~12:00
■茶会
作家のお話をききながら、萩焼茶碗でのお茶を楽しんで頂きます。
日 時 3月26日(日)
    ①14:00~14:30
    ②14:45~15:15
    ③15:30~16:00
    ※各席6名まで

参加費 300円

事前申込ご希望の方は、当館までお電話ください(0838-24-2400)。当日受付も可能です

展示・イベント

  • 今月の展示・イベント
  • 特別展示
  • 普通展示
  • これまでの展示

収蔵作品検索システム

浮世絵研究データベース

画像データ貸出のご案内

年間スケジュール

展示会図録の販売について