特別展示

フランス宮廷の磁器
セーヴル、創造の300年

2018年7月24日(火)~9月24日(月・振休)

休館日:8月6日(月)、8月20日(月)、9月10日(月)
開館時間:9:00~17:00 (入場は16:30まで)
会期中、毎週金曜日と8月2日(木)は19:00まで開館(入場は18:30まで)

観覧料 一般1,200円(1,000円)
70歳以上の方・学生1,000円(800円)

※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下の方および高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒は無料。
※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者1名は無料。
※前売券はローソンチケット(Lコード62687)、セブンチケットでお求めになれます。

主催 セーヴル展萩実行委員会
(山口県立萩美術館・浦上記念館、
 読売新聞社、KRY山口放送)
協力 日本航空、日本通運
後援 フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、日本紅茶協会、山口県教育委員会、萩市、萩市教育委員会
企画 セーヴル陶磁都市
協賛 大日本印刷

[展覧会について]

18世紀のヨーロッパにおいて磁器への憧れは極まりをみせ、フランスでは国王ルイ15世の庇護の下、パリ近郊のセーヴルに王立磁器製作所が生まれます。以後、優雅で気品溢れるセーヴル磁器は、ポンパドゥール侯爵夫人や王妃マリー・アントワネットといったフランスの宮廷人たちをはじめヨーロッパの王侯貴族たちを魅了し、現在まで常にその高い技術と芸術性を保持し続けてきました。本展では、そうした300年に及ぶセーヴル磁器の創造の歴史を、セーヴル陶磁都市所蔵の名品によりご紹介します。

■セーヴル陶磁都市
Sevres

チラシはこちらをクリック
チラシはこちらをクリック

ポプリ壺「エベール」 1757年 セーヴル陶磁都市所蔵
ポプリ壺「エベール」
1757年 セーヴル陶磁都市所蔵 
Photo(C)RMN-Grand Palais (Sèvres, Cité de la céramique)/Martine Beck-Coppola/distributed by AMF


大皿
(ルイ15世の「ブルー・セレストの
セルヴィス」より)
1754-1755年 セーヴル陶磁都市所蔵 
Photo(C)RMN-Grand Palais (Sèvres, Cité de la céramique)/Martine Beck-Coppola/distributed by AMF


デザート皿《貝》
(「自然の産物のセルヴィス」より)
1835年 セーヴル陶磁都市所蔵 
Photo(C)RMN-Grand Palais (Sèvres, Cité de la céramique)/Martine Beck-Coppola/distributed by AMF


ダンサー№.13
(テーヴルセンターピース「スカーフダンス」より)
1899-1900年 セーヴル陶磁都市所蔵
Photo(C)RMN-Grand Palais (Sèvres, Cité de la céramique)/Martine Beck-Coppola/distributed by AMF

[関連イベントのご案内]

※都合により中止または内容を変更する場合があります。

2018年6月16日(土)
アクロス・文化学び塾
『マリーアントワネットも愛したフランス宮廷の磁器セーヴル磁器の魅力』

当館学芸員による講座をアクロス福岡で開催します。
セーヴル陶磁都市所蔵の名品を通して、ヨーロッパの王侯貴族たちを魅了し、現在まで常にその高い技術と芸術性を保持し続けてきた300年に及ぶセーヴル磁器の創造の歴史とその魅力についてご紹介します。詳細はバナーをクリックしてください。

展示・イベント

  • 今月の展示・イベント
  • 特別展示
  • 普通展示
  • これまでの展示

収蔵作品検索システム

浮世絵研究データベース

画像データ貸出のご案内

年間スケジュール

展示会図録の販売について