• 山口県立萩美術館・浦上記念館 外観
  • ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへー日本を夢見たヨーロッパ工芸
  • 山口県立美術館/山口県立萩美術館・浦上記念館 メンバーズクラブ会員募集中!
  • https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/sp/exhibition/special.html?id=45932

お知らせ

2021/06/11 NEW

「光ミュージアム所蔵 美を競う 肉筆浮世絵の世界」展の開会式・内覧会の中止について 7/2に開催予定としておりました「光ミュージアム所蔵 美を競う 肉筆浮世絵の世界」展の開会式及び内覧会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止します。急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、当日、開会式招待状をご持参いただいた方には、14時からプレビューとして展覧会をご鑑賞いただけます。

2021/05/18 NEW

<県外にお住いのみなさまへ>
山口県立萩美術館・浦上記念館では、ご来館のお客様に消毒や検温などの対策にご協力いただいております。できる限り多くの方に安心してご鑑賞いただくため、ご理解とご協力をお願いいたします。 山口県では、県域をまたいだ移動の自粛をお願いしています。このことをご理解いただき、現時点でのご来館はご遠慮いただきますようお願いいたします。

2021/05/13 NEW

ギャラリー・ツアー及びギャラリー・トークの中止について
ギャラリー・ツアーとギャラリー・トーク(担当学芸員による展示作品解説)は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、5/16(日)以降、当面の間、中止することになりました。
ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2021/05/11

5/22(土)開催講演会の中止について
5/22(土)に開催を予定していました、特別展示「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ」展の木田拓也氏による講演会「海を渡った日本工芸とジャポニスム」は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み中止することになりました。
ご参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2021/04/19

道路拡幅工事に伴う、美術館入口付近のフェンス設置について
道路拡幅工事のため、国道191号線側から正面玄関前にかけて工事用フェンスを設置します。
期間:令和3年4月19日(月)~令和3年7月4日(予定)
お客様にはご不便をお掛け致しますが、期間中は掲示案内および係員の誘導に沿ってご入館ください。ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

工事用フェンス設置のお知らせ

2021/04/12 NEW

「開幕記念講演会」開催中止のお知らせ
4/24(土)に開催を予定しておりました「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへー日本を夢見たヨーロッパ工芸」展の開幕記念講演会は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、中止させていただきます。
ご参加をご検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2021/03/25

ホームページのトップページを変更しました。
ビジュアルにスライダー機能を追加、お知らせ欄やイベント欄のレイアウトを変更、注目の動画を掲載し、より見やすく快適に情報をお届けできるようにしました。なお、萩美祭2020は引き続き特設サイトで公開しています。>萩美祭2020特設サイト

2021/03/01

学芸員(会計年度任用職員)を募集します
募集の詳細はこちらをご覧ください。

2020/12/29

三輪龍氣生展 ―行け、熱き陶の想いよ。アーティスト・トーク動画配信開始!
お待たせしました三輪龍氣生氏が自作を語ったトークの模様をYouTubeに掲載しました。コメント欄に登場作品を掲載しています。
→動画は こちら

2020/12/29

萩美祭2020~窯元をたずねていける~ 動画配信開始!
萩焼をはじめとした地域の芸術によって交流促進することを目的としたアートイベント「萩美祭」。今年度は、花生け人の金子凛草さん(いけばな草月流)が山口県内で活躍する陶芸家の窯元を訪ねて、作家の器にお花をいける様子をYouTubeでお届けします。
→動画はタイトルをクリック
☆Vol.1 器からの発想《陶芸家 止原理美》
☆Vol.2 祝い花《陶芸家 中島大輔》

当館の感染症対策とお客様へのお願い

イベント案内

※都合により中止または内容が変更になる場合があります。

包んで広がる「HOKUSAI★MANGA」

1.ミュージアムショップ
5月25日(火)~6月20日(日)
2.ワークショップ
5月29日(土)、5月30日(日)、6月5日(土)、6月6日(日)、6月12日(土)、6月13日(日)
9:00~17:00(入場は16:30まで)

詳しくはこちら >

十三代 三輪休雪の茶陶
ギャラリー・トーク

6月26日(土)《中止》
11:00から30分程度

詳しくはこちら >

小林清親ー光線画の時代
ギャラリー・トーク

7月10日(土)
11:00から30分程度

詳しくはこちら >

開催中の特別展示

ブダペスト国立工芸美術館名品展<br>ジャポニスムからアール・ヌヴォーへ<br>ー日本を夢見たヨーロッパ工芸

ブダペスト国立工芸美術館名品展
ジャポニスムからアール・ヌヴォーへ
ー日本を夢見たヨーロッパ工芸

2021年4月24日(土)~6月20日(日)

19世紀後半、日本の美術・工芸品がヨーロッパに流入し、日本の文物に人々が熱狂する「ジャポニスム」現象が起こりました。
本展は、ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、日本美術を西洋がどのように解釈したかについての歴史を辿るものです。

詳しくはこちら

次回の特別展示

光ミュージアム所蔵
美を競う
肉筆浮世絵の世界

7月3日(土)~9月5日(日)

詳しくはこちら

開催中の普通展示

浮世絵
葛飾北斎
《『北斎漫画』 八編 12丁裏・13丁表》
半紙本1冊
文化14年~文政元年(1817~1818)頃

浮世絵

HOKUSAI★MANGA
[5月25日(火)~6月27日(日)]

詳しくはこちら

東洋陶磁
《三彩印花牡丹文皿》
遼時代・11世紀

東洋陶磁

やきものの装飾 彩色
[5月25日(火)~9月5日(日)]

詳しくはこちら

陶芸1
十三代三輪休雪
《黒の遺構》(部分)
2006年
撮影:斎城卓

陶芸1

オブジェー陶造形の潜勢力Ⅳ
[3月16日(火)~2022年3月6日(日)]

詳しくはこちら

陶芸2
十三代 三輪休雪
《エル キャピタン 茶碗》
2020年
個人蔵
撮影:マキタオ モリツグ

陶芸2

十三代 三輪休雪の茶陶
[3月16日(火)~6月27日(日)]

詳しくはこちら

茶室

茶室

和田 的
CONTRASTー光と陰ー
[4月3日(土)~2022年3月27日(日)]

今年度の茶室展示は、千葉県を拠点に活動する陶芸家、和田的(わだあきら)によるインスタレーションです。鋭敏なフォルムが印象的な白磁によって構成された茶室空間にて、作品が魅せる光と陰の繊細な表情をお楽しみください。

詳しくはこちら