特別展示

古萩―江戸の美意識―

2012年10月20日(土)~12月9日(日)

休館日:月曜日

観覧料 一般 1,000円(800円)
70歳以上の方・学生 800円(600円)

*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金です。
なお、18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料です。

*普通展示をご覧になる場合、別途観覧料が必要です。

*前売り券はローソンおよびセブンイレブン、県内プレイガイドでお求めになれます。

主催 古萩展実行委員会
 (山口県立萩美術館・浦上記念館、朝日新聞社、yab山口朝日放送)
協力 エフエム山口
後援 山口県教育委員会、萩市、萩陶芸家協会、公益社団法人日本工芸会山口支部、公益社団法人日本工芸会西部支部

[展覧会について]

「一楽、二萩、三唐津」と謳われるなど、侘数寄に通う茶の湯の具足として高い声価を得てきた古萩の茶碗は、江戸時代を通して萩藩の統制のもとにつくられました。

御用窯としてはじめから藩主の御遣物を製作するため整えられた生産態勢は、諸侯への進物品や家臣への下賜品などとして、その精品を限られた階層とその周辺にのみ流通させるに留まりました。

とくにその主力器種である茶碗には、領内で採れる特定の土や釉の素材感を一貫して押し出しながら、その時々に重視された茶の湯の美意識や流行など、受容する側の意向を意識的にかたちへと取り込んだのです。このような古萩茶碗の在り方が、朝鮮陶技に由来する桃山以来の侘びた風情をもったやきものという印象を当代の茶人ばかりか近代の数寄者や一般にまでに強くさせていったのでしょう。

本展は、伝世の古萩茶碗にあわせて、御用窯でつくられた表現力豊かな細工物などを紹介し、江戸時代の多彩な美意識とその変遷を古萩のかたちのなかに展望しようとするものです。

[お知らせ]

※本展覧会の他会場への巡回はありません。

特別展示「古萩-江戸の美意識-」チラシ

萩割高台茶碗 江戸時代前期 画像
萩割高台茶碗
江戸時代前期
口径14.9cm
山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

萩狸置物 6代三輪喜楽 江戸時代後期画像
萩狸置物
6代三輪喜楽
江戸時代後期
高34.8cm
個人蔵

萩三島写茶碗 天和4年(1684)画像
萩三島写茶碗
天和4年(1684)
口径13.9cm
山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

[関連イベントのご案内]

※都合により中止または内容を変更する場合があります。

記念講演会『茶の湯における萩焼の受容』

講師 谷 晃 氏 (野村美術館館長、茶の湯文化学会会長)
日時 10月21日(日) 13:00~14:30
場所 当館講座室 聴講無料(定員80名 当日受付先着順)

呈茶席「表千家萩千萩会」

講師 表千家萩千萩会
日時 10:00~15:00 10月27日(土)、10月28日(日) 
場所 1階ロビー(本館スロープ下)
参加費 一服 500円(茶菓)
応募方法 予約不要

呈茶席「茶道裏千家淡交会萩支部」

講師 茶道裏千家淡交会萩支部
日時 10:00~15:00 11月10日(土)、11月11日(日) 
場所 1階ロビー(本館スロープ下)
参加費 一服 500円(茶菓)
応募方法 予約不要

連続講座『古萩観について』

講師 石﨑 泰之 (山口県立萩美術館・浦上記念館学芸課長)
日時 11月11日(日) 13:30~14:30
場所 当館講座室 聴講無料(定員80名 当日受付先着順)

連続講座『萩焼はどこで、だれが使ったの?!』

講師 徳留 大輔 (山口県立萩美術館・浦上記念館専門学芸員)
日時 11月18日(日) 13:30~14:30
場所 当館講座室 聴講無料(定員80名 当日受付先着順)

連続講座『萩焼の生産』

講師 市来 真澄 (山口県立萩美術館・浦上記念館専門学芸員)
日時 11月25日(日) 13:30~14:30
場所 当館講座室 聴講無料(定員80名 当日受付先着順)

特別展示ギャラリー・ツアー

担当学芸員による作品解説です。

※特別展示観覧券が必要です

日時 13:30~14:30
12月2日(日)、12月9日(日)

『見て、感じて"今萩"をもらっちゃおう!』

“古萩”が多数展示されているこの機会に、萩で活躍する陶芸家の方々の作品“今萩[いまはぎ]”を、じっくり見て、感じてみませんか?

イベント期間中にエントランスロビーに展示してある“今萩”を見て、作品から感じたフレーズを募集し、応募者の中から抽選で3名様に、その“今萩”をプレゼントします! 

※“今萩”・・・特別展示でご紹介している「古萩」(=御用窯を中心に製作された江戸時代の萩焼)に対して、現在製作されている萩焼を“今萩”としたイベント用の造語です。

日時 10月20日(土)~12月9日(日)
※抽選結果はプレゼント発送をもってかえさせていただきます。
(2012年末頃を予定)
場所 山口県立萩美術館・浦上記念館
参加費 無料(※ただし19歳以上の特別展示「古萩-江戸の美意識-」観覧者対象)
応募方法 美術館受付付近に展示してある3つの“今萩”作品をじっくり観察してください。
そして、浮かんできたフレーズ(12字以内)を、お渡しする応募用紙にご記入ください。
 ※応募は、お1人様1作品まで(複数応募不可)

[プレゼント景品]
現在ご活躍されている萩陶芸家3名様の作品(1万円相当)
・陶芸家:金子司(かねこつかさ)氏
・陶芸家:中島大輔(なかじまだいすけ)氏
・陶芸家:野坂和左(のさかかずさ)氏

[主催]
山口県立萩美術館・浦上記念館 指定管理者 SPS㈱

[協力]
㈲彩陶庵


展示・イベント

  • 今月の展示・イベント
  • 特別展示
  • 普通展示
  • これまでの展示

収蔵作品検索システム

浮世絵研究データベース

画像データ貸出のご案内

年間スケジュール

展示会図録の販売について