特別展示

大和保男の陶芸
―魂の造形―

2013年9月3日(火)~9月29日(日)

休館日 9月9日(月)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

観覧料 一般 1,000(800)円
70歳以上の方・学生 800(600)円

*展覧会を何度もご覧いただける、お得な[リピーターパス](一般:1,500円、70歳以上の方・学生:1,200円)を美術館受付にて販売します。
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金です。
なお、18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料です。
*普通展示をご覧になる場合、別途観覧料が必要です。
*前売り券はローソンおよびセブンイレブン、県内プレイガイドでお求めになれます。

主催 大和保男展実行委員会
・山口県立萩美術館・浦上記念館
・朝日新聞社
・yab山口朝日放送
協力 エフエム山口
後援 山口県教育委員会
公益社団法人日本工芸会山口支部
萩市
萩陶芸家協会

[展覧会について]

藩政期には松本焼(萩市椿東)・深川焼(長門市深川湯本)と別称されていた萩焼。
生産拠点もかくのごとく限られていましたが、明治維新後、一人の陶工の奮闘によって山口盆地(山口市宮野)でも作られるようになりました。
大和保男(1933年生まれ)は、この山口萩焼を興した萩出身の名匠、作太郎(松緑、1855~1921)の孫にあたります。
萩焼の正統を受け継ぎながら、侘数寄の美感に寄り添ってきたその造形観の縛帯から自らを解き放ち、つねに深部感覚から自我を見据えるスタイルで制作を進めてきた個人作家です。


本展は、大和保男の70年余にわたる作陶活動を代表作で振り返り、地域に保持されてきた伝統の素材や技術を活かしながらかたちに現代性を追求しつづけた、自己革新力の一つの豊かな結実を紹介します。
内奥に秘めた情感を、軽快で洗練されたかたちや色に転化させ、素材のテクスチャに投影し続ける、萩陶芸の現在形をご堪能ください。

特別展示「大和保男の陶芸―魂の造形―」チラシ

炎彩波文白釉陶筥 2013年 高さ12.5cm、幅45.4cm、奥行23.6cm 個人蔵
炎彩波文白釉陶筥
2013年
高さ12.5cm、幅45.4cm、奥行23.6cm
個人蔵

鉄線文茶碗 2008年 高さ9.3cm、口径11.1cm 個人蔵
鉄線文茶碗
2008年
高さ9.3cm、口径11.1cm
個人蔵

鬼萩炎彩粉引掛壺 1993年頃 高46.0、胴径35.0cm 個人蔵
鬼萩炎彩粉引掛壺
1993年頃
高46.0、胴径35.0cm
個人蔵

愁祖 1960年 高73.0cm、幅33.0cm、奥行31.5cm 個人蔵
愁祖
1960年
高73.0cm、幅33.0cm、奥行31.5cm
個人蔵

[関連イベントのご案内]

※都合により中止または内容を変更する場合があります。

特別展示「大和保男の陶芸―魂の造形―」
アーティスト・トーク

大和保男さんと担当学芸員による列品解説です。

※特別展示観覧券が必要です。

日時 毎週日曜日11:00~12:00
9月8日(日)、15日(日)、22日(日)、29日(日)

記念講演会
『ピカソ的女性跪座像から成熟の陶筥へ』

講師 金子賢治 氏 (茨城県陶芸美術館長)
日時 9月21日(土) 14:00~15:30
場所 講座室
参加費 聴講無料(当日受付先着順)
定員 座席数84席

「大和保男さんの茶碗で愉しむ」呈茶席

日時 表千家萩地区青年部・・・9月21日(土)・22日(日)
茶道裏千家淡交会萩支部青年部・・・9月28日(土)・29日(日)
いずれも10:00~15:00 
場所 1階ロビー(本館スロープ下)
参加費 一服 500円(菓子付)
応募方法 直接会場へお越しください。

展示・イベント

  • 今月の展示・イベント
  • 特別展示
  • 普通展示
  • これまでの展示

収蔵作品検索システム

浮世絵研究データベース

画像データ貸出のご案内

年間スケジュール

展示会図録の販売について