特別展示

青磁のいま
ー受け継がれた技と美 南宋から現代まで

2015年10月10日(土)~11月29日(日)

休館日:10月19日(月)、11月2日(月)、11月16日(月)
開館時間:9:00~17:00 (入場は16:30まで)

観覧料 一般1,000円(800円)
70歳以上の方・学生800円(600円)

※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍する生徒は無料。
※身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持されている方および、その介護者(1名)は無料。

主催 青磁のいま展萩実行委員会
 ・山口県立萩美術館・浦上記念館
 ・読売新聞社
 ・KRY山口放送
NHKプラネット中国
後援 山口県教育委員会
萩市
特別協力 エフエム山口

[展覧会について]

緑色を基調とした美しい釉色が特徴の青磁は、古代中国における玉への憧れから生まれたとされ、古来日本でも天皇や貴族、武家、茶人らに珍重愛玩されてきました。
現代においても、その美感に魅入られた愛好家のみならず、数多くの制作者が自己を表現する対象として青磁の技術を競い合っています。

本展では、第Ⅰ章で日本に伝わった中国・南宋時代(12~13世紀)の官窯や龍泉窯の名品を、第Ⅱ章では青磁の美しさに魅せられてその再現に全身全霊を傾けた、板谷波山や岡部嶺男など11名の物故作家の作品を、第Ⅲ章では重要無形文化財「青磁」の保持者(人間国宝)・中島宏氏をはじめとする現役の気鋭作家10名の個性豊かな最新の青磁まで、時代精神を映し出した約120点を一堂に展示して青磁の魅力に迫ります。

展覧会ちらしダウンロード
チラシはこちらをクリック

重要文化財 《青磁輪花碗 銘 馬蝗絆》 中国・南宋時代 龍泉窯 13世紀 東京国立博物館蔵
重要文化財
《青磁輪花碗 銘 馬蝗絆》
中国・南宋時代
龍泉窯
13世紀
東京国立博物館蔵

岡部嶺男 《窯変米色瓷博山炉》 1971年
岡部嶺男
《窯変米色瓷博山炉》
1971年

中島宏 《青瓷彫文花生》 2012年
中島宏
《青瓷彫文花生》
2012年

福島善三 《中野月白瓷鉋文鉢》 2012年
福島善三
《中野月白瓷鉋文鉢》
2012年

[関連イベントのご案内]

※都合により中止または内容を変更する場合があります。

特別展示「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」
記念鼎談 『青磁に魅せられて』

講師 唐澤 昌宏 氏(東京国立近代美術館工芸課長、本展監修者)

中島 宏 氏(重要無形文化財「青磁」の保持者〔人間国宝〕、本展出品作家)

高垣 篤 氏(本展出品作家)
日時 10月10日(土)
13:30~15:00(開場13:00)
場所 講座室
参加費 無料(どなたでもご参加いただけます)
定員 座席数84席(当日受付先着順)

月夜のナイトミュージアム
※事前申込制・申込者多数の場合は抽選

特別展示「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」を担当学芸員の解説を聞きながら鑑賞して巡る、ナイトギャラリーツアーを実施します。
夜の美術館に各日限定30名(30名×2日間)のお客様をご招待するプレミアムなギャラリートークです。



期間中、萩市では『萩・竹灯路物語』が行われ、城下町周辺に竹の灯篭が立ち並びます。
あたたかい光に包まれた、趣たっぷりの江戸情緒あふれる夜の萩散策もあわせてお楽しみください。
美術館内外も竹灯をつかって幻想的にライトアップします。


※閉館後(17:00以降)美術館へのご入場は、ナイトギャラリーツアー参加者に限らさせていただきます。

日時 10月10日(土)・11日(日)
閉館後 18:30~20:00(終了時間は予定)
※雨天の場合、屋外点灯は中止します。
場所 山口県立萩美術館・浦上記念館
参加費 無料(事前のお申込みが必要です)
定員 各日30名(申込者多数の場合は抽選)
小学生以下のお子様が参加される場合、保護者の同伴が必要です。
応募方法 以下①~④を明記のうえ、9月30日(水)までに美術館受付にお持ちいただくが、FAX(0838-24-2403)またはハガキで美術館までお送りください。

①参加希望者全員のお名前と年齢

②代表者住所

③代表者連絡先(電話番号)

④参加希望日(複数選択可)


※発表はハガキ(参加証)の発送をもってかえさせていただきます(10月5日(月)頃を予定)。

わたしの"ちょるる"―鋳込み成形と上絵付け※終了しました

山口県PR本部長“ちょるる”の石膏型に磁土の泥漿〔でいしょう〕を流し込んでかたちをつくる鋳込〔いこ〕み成形と、素焼の“ちょるる”の上絵付〔うわえつ〕け体験。


ご自身が上絵付けした“ちょるる”は、本焼き後に宅急便(料金着払い)にてお届けします。
お手元に届いた“ちょるる”をご自宅やお近く、またはお気に入りの風景の中で撮影し、twitterにハッシュタグ(♯kogeiweek2015)をつけて投稿しましょう。
2015年12月25日(金)までに投稿された画像はエントランスロビーに掲示します。



※本イベントは小学生以上の方が対象です(小学生は保護者の方の同伴が必要)。
※当館が展示に不適切と判断した画像は展示対象から外れる場合があります。
※手拭用タオル、エプロンをご持参ください。

日時 10月17日(土)・11月21日(土)
①10:00~11:30 ②13:30~15:00
参加費 無料
定員 各回16名(受付先着順・小学生以上)
応募方法 参加希望者全員の氏名と年齢(小学生以下は保護者同伴)、代表者の住所、日中に連絡が取れる電話番号、を明記のうえ、FAX(0838-24-2403)または電話(0838-24-2400)にてお申し込みください。

※終了しました。

特別展示「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」
アーティスト・トーク『中野月白瓷について』

福島善三氏(本展出品作家)による作品解説です。
※ご参加には観覧券が必要です。

講師 福島善三 氏(本展出品作家)
日時 11月1日(日)
13:00~15:00
場所 講座室・本館2階

特別展示「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」
ギャラリー・ツアー

担当学芸員による作品解説です。

※ご参加には観覧券が必要です。

日時 10月8日(日)・25日(日)、11月15日(日)・22日(日)
11:00~12:00
場所 本館2階

秋のミュージアム・コンサート

美術館から箏とピアノが奏でる和と洋のハーモニーをお届けします。
展覧会とあわせて、贅沢な秋のひとときをお楽しみください。

日時 11月3日(火・祝)
15:00~15:45
場所 エントランスロビー
参加費 無料(どなたでもご参加いただけます)
定員 100人程度
応募方法 事前のお申し込みは不要です(直接会場へお越しください)


演奏予定曲※曲目は変更になる場合があります。
「東風(Tong Poo)」 坂本龍一
「ジブリメドレー」
「ハナミズキ」 マシコタツロウ 
             ・・・ほか

木原朋子(筝)
エリザベト音楽大学卒業、同大学院修了。在学中ザビエル賞、セシリア賞受賞。NHK邦楽オーディション合格。NHK邦楽のひととき、NHK新春コンサートに出演。2011年日独150周年記念コンサートにてソリストとして広島・ドイツ公演に出演。同年World of strings projectより招待を受け、以降毎年ドイツ国内ツアーに参加。2012年若い芽を育てる会牛尾シズエ特別賞受賞。第19回賢順記念全国箏曲コンクール銀賞並びに福岡県知事賞受賞。2014年Aachen Guitar Festivalから招待を受け参加。現在比治山女子中学・高等学校非常勤講師。エリザベト音楽大学非常勤講師。広島を拠点に国内外で活動中。

杉江慶子(ピアノ)
エリザベト音楽大学卒業。クラッシックからポップスなど様々な要素を取り入れた楽曲や編曲を手がける。NHK・FMコンサート、リビング胎教コンサートなど出演。NHK・BS HI-Vision音楽番組『響き』に楽曲を提供し、第11回日本プロ音楽録音賞で「題名のない音楽会」に次ぎ、優秀賞受賞。広島グランドプリンスホテルのチャペルウエディング曲をプロデュース。東北電力、茨城県環境科学センターなどの映像音楽を手がける。限りなく近い距離で音楽にふれる演奏会を企画、運営する、Living Music Factoryを主宰。


[主催]
山口県立美術館/山口県立萩美術館・浦上記念館 指定管理者 サントリーパブリシティサービス㈱



[協力]
シンフォニア岩国 指定管理者 サントリーパブリシティサービスグループ

展示・イベント

  • 今月の展示・イベント
  • 特別展示
  • 普通展示
  • これまでの展示

収蔵作品検索システム

浮世絵研究データベース

画像データ貸出のご案内

年間スケジュール

展示会図録の販売について